ホワイトデー義理チョコ・お返しメッセージ例文【職場の先輩・後輩】

ホワイトデーで義理チョコをくれた職場の先輩・後輩女性に対して、お返しだけを渡すのはちょっとそっけないかも?そう思った男性の皆さん、メールやメッセージカードでお礼の気持ちを伝えると、さらに喜んでもらえるかもしれません。

そこで今回は、シンプルに感謝が伝わり、かつ誤解を与えないホワイトデー義理チョコのお礼メッセージを紹介します。

・職場の先輩女性へのメッセージ

「お世話になっているのは僕の方なのに、チョコレートをもらえてうれしかったです。もっと頼られる人間になれるよう頑張るので、これからもご指導よろしくお願いします!」


「バレンタインデーのチョコレート、ありがとうございました。すごく品のいいチョコレートで、先輩のそういうセンスも見習いたいと思います!」


「チョコレート美味しかったです!いつもフォローをしてもらえて大変助かっています。これからも迷惑をかけてしまうかもしれませんが、よろしくお願いします」


・職場の後輩女性へのメッセージ

「チョコレートをくれてありがとう!うれしかったよ。いつも手伝ってもらえて、感謝しているのは俺の方です。これからもよろしくね!」


「バレンタインデーのチョコレート、ありがとう。ホワイトデーでは僕が感謝を伝える番です。これからも楽しく仕事をしていこう!」


「チョコレートありがとう。仕事ができるだけじゃなくって、チョコ選びのセンスもよくってびっくり!○○さん(後輩女性の名前)ほどじゃないけど、頑張ってお返しを選んだので、気に入ってもらえるとうれしいな」


まとめ

思わせぶりな発言や、プライベートに触れるような話題は避けましょう。今後仕事がしづらくなる可能性もあります。

義理チョコや、そのお返しはあくまでも「これからもよろしく」という意味なので、いい人間関係を続けられるよう、誤解を与えないメッセージにしたいですね。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

一番上に戻る

error: 右クリック使用できません