バレンタイン@職場で配る義理チョコの相場は?絶対おすすめを教えます

バレンタインの義理チョコはいくらが相場?ここでは、おすすめの義理チョコランキングをご紹介します。



職場の男性社員に配るチョコレートはもうお決まりですか?職場に配るチョコレートはあくまで義理チョコなので、安すぎず高すぎないチョコレートを配る必要があります。

そこで気になるのが、義理チョコの平均予算ですよね。今回は、義理チョコの平均予算と予算内のおすすめ義理チョコベスト3をご紹介いたします!

スポンサーリンク


予算1位は500円未満



バレンタインが近づくと、職場の男性社員に渡す義理チョコを用意する女性が多くなります。

日本の場合は社交辞令として渡すのが一般的ですが、職場の男性社員に配る義理チョコの平均予算第一位は、500円以下と考えている女性が多いです。

ですが、全ての男性社員に同じ金額の義理チョコを配るのは、少し気が引けると感じるのではないでしょうか。その場合、上司に安いものを上げると失礼に当たるので、1,000円程度の義理チョコを用意しましょう。

逆に部下の場合は、上司のものよりややランクを落として500円程度の義理チョコを用意します。

ですが、上司でなくても日頃からお世話になっているからという理由で1,000円~1,500円程度の義理チョコを渡す女性も多いです。

時と場合によりますので参考程度にお考え下さい。

あまり高額な義理チョコはNG!



バレンタインは、そもそも性別関係なく日ごろの感謝を伝えるためにチョコレートを渡す日です。異性に対して限定的に配るのは、日本独特の風習とも言えます。

それは男性も重々承知の上で義理チョコを受け取っているので、あまり高額な義理チョコ(3,000円)を渡すと気を使わせてしまいます。先ほどご紹介した平均予算を参考に、安すぎず高すぎない義理チョコを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク


おすすめ義理チョコランキング

500~1,000円で買える義理チョコベスト3

義理チョコを配る男性社員の立場にもよりますが、多くの場合500~1,000円程度の予算で義理チョコを選ばれる女性が多いようです。そこで、500~1,000円で購入できる義理チョコをランキング形式でご紹介いたします!


第1位 メリーチョコレート ファンシーチョコレート12個入

年配の男性でも知っている老舗チョコレートブランド「メリーチョコレート」の義理チョコです。1,000円程度で購入できるリーズナブルな価格に対し、しっかりとした外箱に入った贈答用のチョコレートです。年齢を問わず、上司への義理チョコにおすすめです。



第2位 ロンシャン 恐竜チョコレート詰め合わせ

小さな子供が居る男性社員などにおすすめなのが、ロンシャンの恐竜チョコレート詰め合わせです。3個入りというちょうどいい食べきりサイズで、贈答品として使える外箱付きです。

かわいらしい恐竜の型抜きチョコレートがランダムに3種類入っており、味も3種類入っているので食べていて飽きることがありません。恐竜以外に、ロボットの型抜きチョコレートもあるので、工学系の職場はロボットのほうが喜ばれるかもしれませんね。



第3位 和チョコ ひとくち上生しょこら

甘いものを食べているイメージがあまりない男性に贈る義理チョコにおすすめなのが、まるで上品な上生菓子のような和スイーツです。

そこまで甘いものが好きじゃなくても、和と融合した一口サイズのチョコレートとあんの上生菓子なら、軽く食べることができます。部下に渡す義理チョコにおすすめです。


まとめ

職場の男性社員に渡す義理チョコの平均予算は、500~1,000円程度が一般的です。

上司の場合は1,000円程度のものにし、部下の場合は500円程度のものにすることで、上司に失礼のない義理チョコを渡すことができます。

どの義理チョコを渡そうか悩んだ時は、今回ご紹介したランキングを参考にしてくださいね。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

一番上に戻る