どんな有酸素運動がおすすめ?ダイエットにはやっぱり運動が一番

ダイエットには食事制限だけではなく、運動も欠かせません。とは言えども、普段運動をする習慣のない人が、急にハードな運動を始めるのは難しいはず。そこでダイエットにも効果があってハードすぎない、有酸素運動に注目してみたいと思います。

有酸素運動って?なぜダイエットに効果があるの?

運動は有酸素運動と無酸素運動の2種類に分けることができます。短距離走や筋トレなど、呼吸をあまりしない運動は無酸素運動です。筋肉をつけ、基礎代謝量をあげるためには無酸素運動が有効です。一方、有酸素運動にはウォーキングやヨガ、エアロビクスやゆっくりと泳ぐことなどがありますね。体脂肪を燃やすためには有酸素運動がいいとされています。

無酸素運度と比較すると、有酸素運動はより多くのエネルギーを必要とします。基本的に有酸素運動を行う際は、血液中のエネルギーを使用しますが、次第に血液中のエネルギーだけでは足りなくなります。そこで、体に蓄えている脂肪を使うことになるんですね。ただし、有酸素運動を継続して20分以上行わなければ、効果がないと言われています。

外で行うならやっぱりウォーキング

晴れた日に外を歩くと気分も良くなり、運動だけではなく、ストレス解消にもつながります。そういう訳でウォーキングはおすすめです。しかし、ダラダラと歩いても効果は出ません。次の3点を意識し、ウォーキングでのダイエット効果を最大限引き出しましょう。

①背筋を伸ばし、上から糸で吊られているよう感覚を保つ
②足をかかと、指の付け根、指の順につけ、地面を蹴るように歩く
③早歩きで行う

また、ウォーキング開始前には怪我防止のために間接の可動域を広げるようなストレッチを、終了後には筋肉をほぐすストレッチを行うといいでしょう。

雨の日でも大丈夫

せっかくウォーキングを頑張ると決めても、雨の日は残念ながらできませんね。そこで、家でもできる有酸素運動を2つ紹介します。

1つはフラフープ。30分行うと、なんと300kcalも消費できると言われています。そしてもう1つが踏み台昇降。専用の台も最近では見かけますね。こちらは30分で150kcalを消費できます。

どちらもホームセンターや通販で簡単に手に入れることができますし、テレビを見ながらなどでも行うことができますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。