伊沢拓司(いざわ たくし)がつくった会社は?元東大王の現在(いま)

元東大王の伊沢拓司(いざわ たくし)さんがつくった会社は?現在(いま)はなにしてる?

東大王の番組で有名になった伊沢拓司(いざわ たくし)さんが、2019年4月29日放送の「しゃべくり007」に出演しました。この日、伊沢拓司さんが「しゃべくり007」に出演したのは自分の会社を宣伝するためです。


伊沢拓司(いざわ たくし)がつくった会社は?

ここでは、元東大王の伊沢拓司(いざわ たくし)さんがつくった会社についてご紹介します。

・伊沢拓司(いざわたくし)がつくった会社は?元東大王


伊沢拓司(いざわたくし)がつくった会社は?元東大王

元東大王の伊沢拓司(いざわ たくし)さんは2019年3月31日に東京大学大学院を中退しました。そして翌月の4月に会社をつくりました。

その会社は、株式会社QuizKnock(クイズノック)です。クイズノックは、2016年に伊沢拓司さんが立ち上げたウェブサイトです。クイズで、身の回りのものや話題のニュースなどを楽しく伝えています。「楽しいから始まる学び」がテーマです。

株式会社QuizKnockの代表は伊沢拓司さんですが、これまでのようにQuizKnock(クイズノック)でクイズをつくってきたメンバーといっしょに活動していきます。いまの予定は、クイズノックのウェブサイトをリニューアルして大きくすることです。

ただ、今後はウェブサイトだけでなく、いろいろと展開していきそうです。そのためには、たくさんの方にクイズノックを知ってもらう必要があります。

伊沢拓司さんは2019年4月29日放送の「しゃべくり007」に出演したとき、「この先、僕は何で出たらいいか分からない」と言っていました。おそらく「テレビ出演」のことを言っていたのだと思います。そう考えると、この先のテレビ出演を増やすことも考えて、つくった会社かもしれません。

クイズノックのウェブサイトが、もっともっとたくさんの方に知ってもらい話題になれば、なにかのクイズ番組で「クイズノックの代表」としてゲストで呼ばれることが増えるはずです。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

一番上に戻る