加藤礼愛(かとうれいあ)動画※小柳ゆき/あなたのキスを【カラオケバトル1月16日】

神奈川県横浜市に住むカトレアこと加藤礼愛(かとう れいあ)さんが、2019年1月16日(水)テレビ東京系列・夜6:55~ 放送されるカラオケバトルに出演します。

加藤礼愛(かとう れいあ)さんは笑顔がかわいい9歳 小学校3年生です。カラオケバトルでは、小柳ゆきさんの「あなたのキスを数えましょう」を歌います。

歌詞は「あなたのキスを数えましょう、ひとつひとつを想い出せば誰よりそばにいたかった」っていう曲です。

加藤礼愛(かとう れいあ)の歌声が話題

加藤礼愛(かとう れいあ)さんは2019年1月11日放送の音楽チャンプに出演しました。小学校3年生とは思えない、ど迫力ボイスに反響がありました。

ここでは、2019年1月16日放送のカラオケバトルに出演する、加藤礼愛(かとう れいあ)さんのwiki風プロフィールと動画をご紹介します。

・加藤礼愛(かとう れいあ)のwiki風プロフィール


加藤礼愛(かとう れいあ)のwiki風プロフィール

  • 名前:加藤礼愛(かとう れいあ)
  • 愛称:カトレア
  • 年齢:9歳
  • 現在:神奈川県横浜市
  • 母:元 プロのミュージシャン
  • 弟:颯(はやて)
  • 好きな授業:音楽、英語
  • 生年月日:
  • 血液型:
カトレアこと加藤礼愛(かとう れいあ)さんのお母さんは、元 プロのミュージシャンです。お母さんから歌の指導をされているので めちゃくちゃうまいです。

加藤礼愛(かとう れいあ)さんは、2018年に開催されたエイベックス主催のキッズジュニアコンテスト「キラチャレ2018」に応募しました。

この年の応募数は約7000人。審査の結果、約200人がファイナリストに選ばれました。

加藤礼愛(かとう れいあ)さんは、決勝でセリーヌ・ディオンさんの「My heart will go on・マイハートウィルゴーオン」を歌い「歌部門キッズの部」でグランプリを受賞。

圧巻の歌声でした。

他にも、「神奈川県カラオケボックス大賞」、「横浜開港祭よこはま歌うま選手権」など様々なカラオケ大会に出場しグランプリを受賞しています。

また、平均年齢9歳の女の子5人で音楽活動を行っています。名前は「チビグリ」。

チビグリのメンバーはまだ小学生です。歌のうまさに差はあると思いますが「うまい・下手」を気にせず、メンバーと楽しく音楽活動を行ってほしいですね。


スポンサーリンク


・加藤礼愛(かとう れいあ)の音楽チャンプ2019

加藤礼愛(かとう れいあ)の音楽チャンプ2019

加藤礼愛(かとう れいあ)さんが1月11日に放送された音楽チャンプ2019に出演しました。残念ながら、音楽チャンプ2019では準決勝に進めませんでしたので、1曲しか歌声を聴けませんでした。

このとき歌ったのが、小柳ゆきさんの「あなたのキスを数えましょう」です。

小学校3年生とは思えない歌声でしたね。カラオケの点数は98.597点で音程のズレはほとんどありません。迫力ある歌声に聴き入ってしまいました。

1月16日放送のカラオケバトルでも、会場の空気を変えてしまうような歌声が聴けるはずです。


関連記事→斉藤花耶(さいとうかや)の動画※アンジェラ・アキ【音楽チャンプ※優勝】

関連記事→三阪咲(みさかさき)の動画と可愛い画像【音楽チャンプ※2位】

関連記事→東亜樹(あずまあき)の動画※鬼束ちひろ月光【音楽チャンプ※3位】


・加藤礼愛(かとう れいあ)の動画

加藤礼愛(かとう れいあ)の動画

加藤礼愛(かとう れいあ)さんの動画をご紹介します。


(あなたのキスを数えましょう:小柳ゆき)




(Fall:Superfly スーパーフライ)




(いつか私は歌をうたう:Superfly スーパーフライ)




(A New Day:Beverly)




(アイノカタチ:feat.HIDE(GReeeeN) MISIA)




(My heart will go on:セリーヌ・ディオン)



・おわりに、

おわりに、

神奈川県横浜市に住むカトレアこと加藤礼愛(かとう れいあ)さんが、2019年1月16日(水)放送のカラオケバトルに出演します。

加藤礼愛(かとう れいあ)さんは笑顔が素敵な9歳、小学校3年生です。

カラオケバトルでは、小柳ゆきさんの「あなたのキスを数えましょう」を歌います。小学校3年生とは思えない迫力のある歌声を披露します。


関連記事→北和真(きたかずま)の動画※ジャンヌダルク/月光花が話題

関連記事→小松ミユキ(国会議員秘書)の動画※華原朋美/夢やぶれてが話題


スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

一番上に戻る