おかゆダイエットは効果なし?おかずは何がよい?【1ヶ月試してみた】

おかゆダイエットは効果なし?また、おかゆダイエットをするときのおかずは何がよいのでしょう?

おかゆダイエットを1ヶ月試してみました。

・おかゆダイエットとは?

おかゆと言えば、体調の悪いときに食べるイメージがありますね。

しかし、最近ではダイエットにも効果的ということで注目を浴びている食事なんです。

ダイエット中、炭水化物は大敵と思われがちですが、食べ方を変えればダイエットになります。

おかゆがダイエットにいいと言われている理由は次の3つです。

①、カロリーが低い

普通のお米1膳が約269kcalなのに対し、おかゆは178kcalほどです。同じ1膳でもおかゆは水で膨らんでいる分、カロリーが低いんですね。

②、満腹感を得やすい

水をたくさん飲んでお腹がいっぱいになった経験のある人もいるでしょう。水分の多いおかゆはお腹の中でも膨らんでくれて、満腹感を得やすくなります。

③、消化に良い

水分が多いという理由から、胃や腸に溜まりづらく、皮下脂肪がつきにくい食べ物でもあります。

おかゆダイエットのやり方は?

2週間、おかゆのみを食べるという方法です。

想像すると厳しいように思えますが安心してください。おかゆにトッピングを載せることもできますし、1日何食、何膳でも食べてかまいません。

トッピングはたんぱく質を多く含む食材にしましょう。

たんぱく質といえば、おかゆにぴったりな卵だけではなく、肉や魚介などの食べ応えのあるものもあるので、飽きずに続けやすいダイエットと言えるでしょう。

2週間以上続けると、体が慣れてしまい効果がなくなります。また、栄養も偏りやすくなるので、それ以上続けると、健康を損ねてしまう可能性もあるので要注意です。

・おかゆダイエットのおすすめの食べ方

アレンジ次第で様々な味を飽きることなく楽しめるおかゆ。

洋風にも中華風にもできますが、おすすめは卵雑炊風のおかゆです。用意するものはお米、水、塩、粒状の和風だし、卵そしてしいたけです。

鍋にお米と水、塩、粒状和風だしと細かく刻んだしいたけを入れて煮詰めます。

最後に溶き卵をいれ、鍋の蓋をして蒸らしたら完成です。このおかゆなら卵でたんぱく質を摂りつつ、ダイエット効果を期待できる栄養素・きのこも食べることができます。

・おかゆは会社へ持っていくこともできる

おかゆのような水分の多いものは、持ち運びが大変かと思いきや、スープを入れるタイプの魔法瓶に入れれば問題なく携帯できます。

また、レトルトを活用してもOK。

職場で食べるなら、梅干や塩昆布などの置いておくことも可能ですね。

・おかゆダイエットの効果
おかゆダイエットを始めて、1週間~2週間で少しですが効果を感じました。ただ、私の場合1ヶ月してもそんなに効果はありませんでした。

・おわりに、

おかゆダイエットは何食でも、そしてたんぱく質も一緒に摂っていいということで、意外と続けやすいダイエットです。家に今ある食材で始められるので、早速試してみてはいかがですか?


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

一番上に戻る

error: 右クリック使用できません