モニタリングの母と妻の料理対決※なぜ夫は母の料理を1番に選ぶの?

モニタリングでやっている「母と妻の料理対決」。なぜ、夫は母の料理を1番に選ぶの?

2月7日放送の「モニタリング」で妻と母の手料理を食べ比べる企画をしていました。この日のモニタリングは3種類の「ハンバーグ」を食べてもらい、妻の作った料理が1番美味しいと言うのか?というモニタリングでした。


モニタリング※母と妻の料理対決が話題

ここでは、2月7日放送の「モニタリング」で話題の「母と妻の料理対決」についてご紹介します。

・なぜ夫は母の料理を1番に選ぶの?モニタリング※母と妻の料理対決

なぜ夫は母の料理を1番に選ぶの?モニタリング※母と妻の料理対決

この日のモニタリングは「妻と母の手料理を食べ比べる企画」を2つやっていました。


①、成田さんご夫婦

  • 夫:秀人さん、23歳
  • 妻:愛莉さん、22歳
  • 結婚歴:3年
  • 料理対決:鶏の照焼き


②、斉藤さん夫婦

  • 夫:翔太さん、30歳
  • 妻:真由美さん、30歳
  • 結婚歴:7年
  • 料理対決:ハンバーグ

モニタリングの妻と母の手料理を食べ比べる企画、久しぶりに観たような気がします。毎回、料理に自信がある妻が出演していますが、母の料理が1番に選ばれることが多いですね。

なんで?って思う方もいるかもしれませんが、これは仕方ないです。

小さい頃からずーっと食べていた味なので、美味しいのもそうですが懐かしい味で選んでしまうのでしょう。対決するのが間違いで、この企画がダメなんです。

ただ、モニタリングの製作者は「夫が母の料理を選ぶ確率が高い」ということが分かっているので、このような企画をやっているんだと思います。

番組的には、「妻の料理を食べて、かるくディスる」→「母の料理が1番美味しいと選ぶ」→「ネタバレで妻に謝る」こんな感じになってくれるとうれしいのでは?

ただ、女性は不快に思う企画かもしれませんね。


スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

一番上に戻る

error: 右クリック使用できません