関ジャニ∞のモーツァルト・カラオケの結果と出演者一覧【9月21日】

2018年9月21日に「関ジャニ∞のモーツァルト音楽王No.1決定戦」が放送されました。

ここでは、カラオケバトルに出演した天才キッズ一覧をご紹介します。

1回戦で対戦した順番でまとめています。

・宇都宮 聖(うつのみや こうき)


宇都宮 聖(うつのみや こうき)

愛媛県から来た宇都宮 聖(うつのみや こうき)君。8歳(小学3年生)です。

8歳とは思えない、ビブラートが特徴の歌声です。

関連記事→宇都宮聖(うつのみや こうき)のwiki風プロフィール・まとめ


(動画)


・熊谷 俊輝(くまがい としき)


熊谷 俊輝(くまがい としき)

岡山県から来た熊谷俊輝(くまがい としき)君。11歳(小学5年生)です。

天使のような美声の持ち主です。

関連記事→熊谷俊輝(くまがい としき)のwiki風プロフィール・まとめ


(動画)


・田上 陽菜(たがみ ひな)


田上 陽菜(たがみ ひな)

大阪府から来た田上陽菜(たがみ ひな)さん。14歳(中学2年生)です。

今回の関ジャニ∞モーツァルトの出演者をリサーチしているときに見つけた、天才女子中学生です。

パワフルな歌声が特徴です。

関連記事→田上陽菜(たがみ ひな)のwiki風プロフィール・まとめ


(動画)


・セリーヌ タム(Celine Tam)


セリーヌ タム(Celine Tam)

香港から来たセリーヌタムさん。11歳(2018年)です。

2017年、アメリカオーディション番組の出演をきっかけに、世界の歌姫と呼ばれるようになります。

アメリカ、中国、ドイツなどで活躍しています。

関連記事→セリーヌタムのwiki風プロフィール・まとめ


(動画)


・藤巻 杏慈(ふじまき あんじ)

藤巻 杏慈(ふじまき あんじ)

東京都から来た藤巻杏慈(ふじまき あんじ)さん。11歳(小学5年生)です。

ミュージカル・「アニー」、「ライオンキング」、「アメリ」などに出演した天才少女です。

関連記事→藤巻杏慈(ふじまき あんじ)のwiki風プロフィール・まとめ

・上垣 ひなた(うえがき ひなた)


上垣 ひなた(うえがき ひなた)

大阪府から来た上垣ひなた(うえがき ひなた)さん。15歳(中学3年生)です。

ミュージカル・「ライオンキング」に出演。

ミュージカルを愛し、ミュージカルに人生を捧げてきた天才中学生です。

関連記事→上垣ひなた(うえがき ひなた)のwiki風プロフィール・まとめ

・鈴木 梨央(すずき りお)

埼玉県から来た鈴木梨央(すずき りお)さん。13歳(中学2年生)です。

天才子役として知られていますが歌も得意です。女優をしながら歌も歌えるようになるのが夢です。

歌が大好きというのを知ってほしくて、関ジャニ∞のモーツァルトに出演しました。

wiki風プロフィールについては、現在作成中です。

・絹井 愛佳(きぬい あいか)


絹井 愛佳(きぬい あいか)

広島から来た絹井愛佳(きぬい あいか)さん。12歳(中学1年生)です。

こぶしやビブラートをきかせた歌声が特徴です。

ガールズユニット「C;ON」(シーオン)のヴォーカルを担当しています。

関連記事→絹井愛佳(きぬい あいか)のwiki風プロフィール・まとめ


(動画)


・カラオケバトルの結果

勝:宇都宮聖(うつのみや こうき)
1回戦:宇都宮聖(うつのみや こうき)×熊谷俊輝(くまがい としき)
曲:荻野目洋子さんの「ダンシング・ヒーロー」


勝:セリーヌタム(Celine Tam)
1回戦:田上陽菜(たがみ ひな)×セリーヌタム(Celine Tam)
曲:セリーヌ・ディオンさんの「マイハート・ウィル・ゴー・オン」


勝:上垣ひなた(うえがき ひなた)
1回戦:藤巻杏慈(ふじまき あんじ)×上垣ひなた(うえがき ひなた)
曲:「パート・オブ・ユア・ワールド」(ミュージカルで使われる歌)


勝:鈴木梨央(すずき りお)
1回戦:鈴木梨央(すずき りお)×絹井愛佳(きぬい あいか)
曲:絢香さんの「I believe」


勝:セリーヌタム(Celine Tam)
準決勝:宇都宮聖(うつのみや こうき)×セリーヌタム(Celine Tam)
曲:夏川りみさんの「涙そうそう」


勝:上垣ひなた(うえがき ひなた)
準決勝:上垣ひなた(うえがき ひなた)×鈴木梨央(すずき りお)
曲:Kiroroさんの「未来へ」


優勝:セリーヌタム(Celine Tam)
決勝:セリーヌタム(Celine Tam)×上垣ひなた(うえがき ひなた)
曲:「レット・イット・ゴー 」

・おわりに、

「関ジャニ∞のモーツァルト音楽王No.1決定戦」のカラオケバトルに出演した天才キッズをご紹介しました。

誰が優勝してもおかしくない歌声で、観ていて楽しかったです。

カラオケの採点で決める企画だから仕方ない!と言われてしまえばそれまでですが、機械の採点だけで比較するのはどうなんでしょう。

考えすぎかな?

天才キッズはテレビに出演することで知名度が上がり夢への道が広がるので優勝できなくても得られるものは大きいです。

視聴者は気楽に観ていればよいのかもしれませんね。

ということで、こういう番組をもう少し増やしてほしいと思いました。

次の大会に期待です。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

一番上に戻る