きのこダイエットの効果・本当におすすめ?【痩せた人はいますか?】

きのこは安くて手軽に入る食材ですが、実はダイエットにも効果があることをご存知でしたか?きのこダイエットで痩せた人もいます。

特別なきのこではなく、スーパーで買える普通のもので十分効果を発揮してくれます。今日はきのこダイエットの効果と、きのこを食事に取り入れるダイエットの方法を紹介します。

・なぜきのこがダイエットにいいの?

きのこは低カロリーで食物繊維とキノコキトサンを多く含む食材です。

食物繊維の特徴の1つめに、ほとんど体に吸収されないので脂肪になりにくいという性質があります。

2つめに水を吸収して膨らむため、満腹感を得やすいということが。そして3つめは脂肪の吸収率を下げるという効果があります。

キノコキトサンは体脂肪の多い人に特に効果があると言われています。

脂肪を吸着して、腸での吸収を妨げるというのは、ダイエット中、食事に気を使う方にはうれしい効果ではないでしょうか?

キトサンはエビやカニなどの甲殻類にも含まれていますが、きのこほどのダイエット効果はなく、またアレルギー体質の人は摂取することができないため、やはり「きのこが」おすすめです

・きのこを摂り入れたダイエットの方法

きのこにはダイエットに効果的な成分が多く含まれています。

ダイエット中はこれを食事に取り入れないわけにはいきませんね。

きのこダイエットの具体的なポイント

①、1日の摂取量が200g
②、夜に食べる
③、他の食材もバランスよく食べる

①ですが、スーパーに行って確認してみてください。

結構な量です。シメジだと2,3株相当です。この量を食べる自信のない人は、まず1品きのこを取り入れる事から始め、慣れてきたら1日100g、と徐々に増やしていくと良いでしょう。

②朝の食事より、夜の食事の方が脂っこいものが多いですよね。

キノコキトサンの脂肪を吸着してくれる性質を活かすためにも夜に摂ることがおすすめです。

また、夕食を食べ終わった後、次の食事となる朝食まで時間が空いています。この間に空腹感を得ないようにするためにも、きのこの食物繊維の力を借りるといいでしょう。

③きのこには食物繊維やキノコキトサン以外にもビタミンB群、ビタミンD、カリウムなどが含まれている栄養素が豊富な食材です。

しかし、それだけでは足りません。ダイエットの妨げになると思われる脂質、糖質も体を動かす上で必要なエネルギーです。きのこ以外の食材もバランスよく摂るようにしましょう。

・おわりに、

きのこは安くて手軽に購入できる食材で、簡単に食事に取り入れることができます。

きのこを摂りつつ、バランスの良い食事を心がけることがきのこダイエット成功の秘訣です。実際に、きのこダイエットで痩せた人は多いですよ。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

一番上に戻る

error: 右クリック使用できません