カズとイニエスタ(ありがとう・どういたしまして)の動画は?日本語スペイン語が話題

カズ選手とイニエスタ選手が日本語とスペイン語でやりとりした「ありがとう」、「どういたしまして」の動画は?

カズとイニエスタが「キックオフカンファレンス2020」に出席

2月14日に、Jリーグの「キックオフカンファレンス」が行われました。

「キックオフカンファレンス」はJリーグの開幕2週間前に行われる、前夜祭的なイベントです。

この日、J1リーグ全18クラブの監督や選手が出席しました。横浜FCからカズこと三浦知良選手、ヴィッセル神戸からはイニエスタ選手が出席しました。

このとき、2人はあいさつをしたのですが、このやりとりが話題になっています。

イニエスタ選手はカズ選手についての印象を聞かれました。

イニエスタ選手は、「シーズン開幕戦を戦えることを楽しみ。今季カズ選手がいいシーズンになることを願っています」と言います。

それを聞いたカズ選手は「ありがとう」を意味する「ムチャス グラシアス」と言いました。これに対し、イニエスタ選手は日本語で「どういたしまして」と言いました。

2人の笑顔が素敵でした。


スポンサーリンク

カズとイニエスタ(ありがとう・どういたしまして)の動画は?日本語スペイン語

カズ選手とイニエスタ選手が日本語とスペイン語で「ありがとう」、「どういたしまして」の動画をご紹介します。

なにを話しているか分かりませんが、2人で話をしています。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。