結婚式の余興で「糸」を歌った、ハードロックのお父さんのその後は?

娘の結婚式で中島みゆきさんの「糸」を歌ったハードロックのお父さんが話題になりました。

これは、2016年に投稿された「糸」を歌った動画なんですが、740万回再生されています。歌っているのは高橋進(たかはし すすむ)さん、当時61歳です。

どこにでもいそうなおじさんが「糸」をロック調で歌っているだけですが、ちょっと癒やされますね。

・結婚式で「糸」を歌ったお父さんの動画

娘の結婚式で歌を歌いたいと思っていたお父さん。やっと夢がかない、結婚式の余興で「糸」を歌いました。

大学時代からハードロック一筋45年のお父さん。そのため、お父さんが歌う「糸」もロック調になっています。

61歳・お父さんが娘のために歌う「糸」がこちら、




じつは、お父さんは中島みゆきさんの「糸」を知らなかったんです。

ネットで「結婚式の披露宴で花嫁の父が歌う歌はなにがいい?」と検索したら、「糸」が出てきました。

それまでは「糸」を聴いたことがなかったので、娘のために一生懸命練習したようです。

・結婚式で「糸」を歌ったお父さんのその後

娘の結婚式で「糸」を歌ったお父さんは、北海道石狩市に住んでいます。

現在65歳です。

趣味は家庭菜園で定年後も市役所で働いています。

「糸」の動画が話題になってから、北海道新聞や地域FMが取材に来ました。さらに夕方のニュースでも特集されました。

北海道ではちょっとした有名人のようで、けっこううれしそうでしたよ。

現在、このお父さんは職場の仲間で組んだバンドやハードロックバンド好きで組んだバンドなど4組に所属していて、定期的にライブを行っています。

ギターも得意ですが、現在はヴォーカルに専念。

というのも、「糸」の動画で人気になってからは、しっとり系のバラードを歌ってほしい。という依頼が多くなり、アコースティックバンドも結成。

「糸」などのバラードを歌う回数が増えています。

趣味のバンド活動が忙しそうで、

お父さんは人生が変わったと喜んでいましたよ。

スポンサーリンク


・結婚式で「糸」を歌ったお父さんが作詞作曲に挑戦

調子にのったお父さんは、人生初の作詞作曲を行いました。

その歌が「はじめまして りょうくん 」です。孫(りょうと君)が生まれたので、孫のために歌を作りました。

残念ながら、この歌はユーチューブに投稿していませんので聞けませんが歌詞はこんな感じ、


「はじめまして、りょうくん。待っていたよ。 ありがとうボクの孫になってくれて。キミの動画を撮るために買ったスマホも動画だらけ、できるならこのままで、ずっといて欲しい。できるならキミとのしあわせな、キミの輝く未来にかんぱい。」


そんな感じで、

高橋進さんの次の夢は孫の結婚式で歌を歌い、ユーチューブに投稿してバズりたいようです。

現在65歳、20年後は85歳ですから不可能ではありませんね。

高橋進さんはプロの歌手ではありませんが、歌を歌い人を楽しませる素敵なお父さんです。

カッコイイです。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

一番上に戻る