セリーヌタムのwiki風プロフィール【かわいい画像や歌をご紹介】

香港出身のセリーヌタムさんが「関ジャニ∞のザモーツァルト音楽王No.1決定戦」に出場し、圧倒的な歌声を披露しました。

なんですか、この天使のような小さな歌姫は?


ここでは、セリーヌタムさんのwiki風プロフィール、かわいい画像や歌をご紹介します。

・セリーヌタムのwiki風プロフィール

View this post on Instagram

Is this photo good for my profile pic? #instaphoto #instapic

Celine Tam 譚芷昀さん(@celinetam)がシェアした投稿 –


セリーヌタムのwiki風プロフィール

  • 本名:セリーヌ・タム(Celine Tam)
  • 生年月日:2007年11月22日
  • 年齢:11歳(2018年)
  • 出身地:香港
  • (日本語は話せないが日本の歌も得意としている)

  • 父:スティーブ・タム(Steve Tam)
  • 母:非公開
  • 妹:ディオン・タム(Dion Tam)

妹の年齢は分かりませんが、5歳ほど離れているように見えます。


セリーヌタムの簡単な経歴

セリーヌタムさんの両親がセリーヌ・ディオンさんのファンだったので、姉に「セリーヌ」、妹に「ディオン」と名付けました。

ふたり合わせると、「セリーヌ・ディオン」になります。

父は音楽の先生です。セリーヌタムさんは3歳のときから歌い始め、現在は中国でライブショーなどを行っています。

9歳のときにアメリカのオーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」に出場し、美しい歌声で観客や審査員たちを驚愕させました。

そのとき、歌ったのがセリーヌ・ディオンさんの大ヒット曲「マイハート・ウィル・ゴー・オン」です。

圧倒的な歌声で堂々とふるまっていましたね。

まだまだ小学生で幼さがありましたが、そのギャップに会場は大興奮となり、泣いている方もいました。

そして、

妹のディオンタムさんも歌の練習をしているそうで、姉妹そろって、ものすごいシンガーになりそうです。

スポンサーリンク


・セリーヌタムが関ジャニ∞のザモーツァルトに登場


セリーヌタムが関ジャニ∞のザモーツァルトに登場

セリーヌタムさんが「関ジャニ∞のザモーツァルト 音楽王No.1決定戦」に出演するために、香港から日本に来ました。

出演前、いまの心境は?という質問に、

セリーヌタムさんは、「東京で初めてのテレビ出演なので、すごく気持ちが高ぶっています。とにかくうれしい。絶対に勝ちたいので応援してください」とコメント。

セリーヌタムさんは、東京で初めて採点カラオケに挑戦し歌の練習をしました。そして「関ジャニ∞のザモーツァルト」に挑戦。


・1回戦、田上陽菜(たがみ ひな)

1回戦の相手は田上陽菜(たがみ ひな)さん。

歌うのは大注目されるきっかけとなった、セリーヌ・ディオンさんの「マイハート・ウィル・ゴー・オン」です。

結果はセリーヌタムさんが勝利しましたが、いい戦いでしたね。どちらが勝ってもおかしくない内容でした。

セリーヌタム:98.438点
田上陽菜:98.250点

関連記事→田上陽菜(たがみひな)のwiki風プロフィール【関ジャニ∞のザモーツァルト】

View this post on Instagram

https://youtu.be/0x1Yh0oQ-yE

Celine Tam 譚芷昀さん(@celinetam)がシェアした投稿 –


・準決勝、宇都宮聖(うつのみや こうき)

準決勝の相手は、宇都宮聖(うつのみや こうき)君でした。歌は夏川りみさんの「涙そうそう」で勝負。

セリーヌタムさんは日本語の読み書きができません。そのため、歌詞の意味をすべて書き出し、どんな意味なのか理解するところから始めました。

そして歌詞から読み取れる感情(うれしい、かなしいなど)を顔文字を使い表現し覚えました。

簡単にいうと、楽譜に読み方と、感情を表現する顔文字を書いていったのです。そうすることで、この部分は切なく表現する、この部分はうれしく表現する、というのが楽譜を見ればすぐに分かります。

宇都宮聖(うつのみや こうき)君とは違った「涙そうそう」で、セリーヌタムさんの世界に引き込まれました。完成度が高く、日本語が話せないとは思えないですね。

結果はセリーヌタムさんの勝利。

セリーヌタム:97.998点
宇都宮聖:97.476点

関連記事→宇都宮聖(こうき)カラオケ・中島美嘉の歌がうまい【松山の天才キッズ】


・決勝、上垣ひなた(うえがき ひなた)

決勝の相手は、ミュージカルの上垣ひなた(うえがき ひなた)さん。歌うのはイディナ・メンゼルさんの「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」。

この歌は日本語ver、英語verがありますが、得意なほうを選択できる特別ルールでした。セリーヌタムさんは英語verを歌いました。

結果は、セリーヌタムさんの勝利。

セリーヌタム:98.731点
上垣ひなた:98.249点

セリーヌタムさんの、その美しい歌声に日本の観客は感動し、涙。

歌がうまいのもそうですが、笑顔も素敵で本当にかわいいですね。

100点は出ませんでしたが、決勝で歌った「レット・イット・ゴー」は本当に感動しました。

優勝後、「言葉にならないです。この軌跡が起きるのを待っていたんです」とコメントし、とても喜んでいました。

上垣ひなたさんの歌もレベルが高く、観ていて面白い戦いでした。

関連記事→上垣ひなた(ミュージカル)のカラオケがスゴイ【関ジャニ∞】

・セリーヌタムのかわいい画像や歌をご紹介

最後にセリーヌタムさんの天使のような歌声をご紹介します。




View this post on Instagram

Inspired by @annazak12 #musically #instamusic #instavideo #instalike #instalife

Celine Tam 譚芷昀さん(@celinetam)がシェアした投稿 –



View this post on Instagram

Dancing class. #dance #dancing #celinetam #ladygaga #badromance

Celine Tam 譚芷昀さん(@celinetam)がシェアした投稿 –


セリーヌタムさんは、ほんとうにスゴイシンガーです。

もっともっと聴いていたいですね。

関連記事→関ジャニ∞のモーツァルト・カラオケの結果と出演者一覧


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

一番上に戻る