2019年のゴールデンウィーク(GW)が10連休に!いつ決まる?ほぼ決まりだよね

平成から新しい年号にかわる2019年のゴールデンウィーク(GW)のみ10連休になるかもしれませんが、いつ決まるの?

ここでは、2019年のゴールデンウィーク(GW)の10連休についてご紹介します。

・2019年のゴールデンウィーク(GW)が10連休に!

これは、2019年4月30日に天皇陛下がしりぞき、5月1日に皇太子さまが天皇の位につきます。そのため2019年のみ5月1日を祝日にするというものです。

これは、ほぼ決まりでしょうね。

それで、5月1日が祝日になると(祝日法)により、その前後の日も休みとなるため4月30日と5月2日も休日になり、2019年のゴールデンウィークは10連休になります。

いやー、大型連休です。

2019年から新しい年号になりますし、この5月1日の祝日は2019年のみなので、ほぼ決まると思います。


2019年のゴールデンウィーク

  • 4月27日(土)
  • 4月28日(日)
  • 4月29日(月)昭和の日
  • 4月30日(火)
  • 5月 1日(水)祝日
  • 5月 2日(木)
  • 5月 3日(金)憲法記念日
  • 5月 4日(土)みどりの日
  • 5月 5日(日)こどもの日
  • 5月 6日(月)振り替え休日
4月29日、5月3日が祝日のため、祝日に挟まれる4月30日と5月1日が休日になり、10連休になります。

・2019年のゴールデンウィークが10連休になると問題もある

2019年のゴールデンウィークが10連休になるとサービス業の経営者はうれしいでしす。ガッツリ稼げますからね。ですがそこで働いてる従業員やアルバイトの方々は大変です。

とにかく忙しく、代わりの日が休日になるとはいえ地獄の10連休になります。

また、学生のゴールデンウィークの長期休日は精神面や体調面で不安定になる子どもが出てきます。

これは学生だけでなく社会人も同じです。新卒で働いている人もゴールデンウィーク明けに仕事を辞めてしまう人も多いです。

とは言うものの、連休明けは誰でも体はダルく仕事を辞めたい気持ちになりますので、このゴールデンウィークを使いしっかりと遊んだり趣味に時間を使うのが良いですね。

もちろんん勉強するのだって良いです。仕事だけでなくプライベートも充実させましょう。

メリットもあればデメリットもありますが、5月1日の祝日は2019年のみになりますので、この先ゴールデンウィークが10連休になることは、なかなかありません。

疲れた体をしっかりと休めましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

一番上に戻る