バレンタイン@職場で配る義理チョコの相場は?絶対おすすめを教えます

バレンタインシーズンが近づいてきましたね。本命チョコ選びは楽しいものですが、義理チョコはちょっと…。ですが、社会人になれば職場の男性や上司に義理チョコを配らなければならない人も多いです。

そもそもなぜ職場の男性に義理チョコを配るのでしょう?義理チョコの予算は?おすすめのメーカーは?

そこで、義理チョコに詳しい女性に聞いたところ、過去の体験を交えてお話していただけました。職場で配るおすすめの義理チョコもご紹介します。

・そもそも「義理チョコ」って何?

本命とは別にあげるチョコレートを「義理チョコ」といいますが、そもそも「義理チョコ」ってなんでしょう?

「義理」とは「人として守らなければならない正しい道」や「物事の正しい筋道」といった意味がありますが、一番近い意味は「付き合い上しかたなしにする行為」でしょう。

となると、義理チョコは、「特別好意はないけど、普段接することが多いから潤滑油程度に考えてあげるもの」というのが私の中の定義です。

私を取り巻く環境の中で、義理チョコをあげる対象といえば、職場の上司くらいなものです。

確かに日頃から差し入れをもらっているし、あげておいた方がこれからも差し入れを継続してもらえるだろうし、お返しだっていいもののはずだ!という「打算チョコ」でもあります(笑)


スポンサーリンク


・義理チョコ選びに困ったら、このメーカーがおすすめ

義理チョコで一番大事なのは、「義理が伝わること」です。本当に美味しく、高級なチョコレートを買うための時間、労力、資金は本命にだけで十分と私は考えています。

というのは以前、3粒で税込み2,000円近くするチョコレートを義理チョコとして購入したのですが、ホワイトデーのお返しが某有名どころの製菓メーカーのもので、私の義理チョコと同じ位の値段だったのです。

繰り返すようですが、「義理チョコ」は私にとって打算を含むチョコレートです。プラスマイナス0だと、やっぱり納得いかず…(笑)

よほどおしゃれな男性であったなら、そのチョコレートの価値がわかったかもしれません。しかし、たいていの世の男性はチョコレートの価値なんぞ理解できないのです。

だったら、チョコレートに無知な男性であっても、「高いんだぞ!このチョコは!」と伝わるよう、無難に「ゴディバ」を選ぶようになりました。

ゴディバの値段をしらなくても、「何となく高級」や「コンビニレベルではない」が伝わるからです。

本当に美味しいものをあげたいんじゃない、義理であげ、ハイリターンを求める、それならゴディバがベストだと私は確信しています!バレンタインシーズン中はどこででも購入できますしね(笑)

義理チョコの予算は?

無難とは言え、やはりゴディバ。チョコレートを買うとそれなりのお値段がします。

しかし、クッキーなら税込み561円から購入可能です。またチョコレートも一口サイズの「カレ アソートメント」なら税込み1,242円から購入できます。

ちなみに義理チョコの相場は500円~1000円くらいです。

それ以上高いものをあげても、味の価値がわかるとは限りません。なので、このあたりの価格帯で私は調整してます。大事なのは「ゴディバ」というブランド力です。

義理チョコ選びは想定するリターンよりも価格が低く、かつ価値が伝わりやすいものを選ぶ。これが大事です。

でも、本命にはちゃんと気持ちを込めて選んでくださいね(笑)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

一番上に戻る