永井秀樹、引退!東京ヴェルディ・45歳でサッカー人生を終える

J2東京ヴェルディのMF永井秀樹選手が今季を最後に引退するそうです。

永井秀樹選手は現在45歳で、リーグでは現役2番目に年長のサッカー選手です。

永井秀樹のwiki風プロフィール

名前:永井 秀樹(ながい ひでき)

生年月日:1971年1月26日

年齢:45歳(※2016年)

身長:174cm

出身地:大分県

在籍チーム:東京ヴェルディ1969

ポジション:MF


スポンサーリンク


永井秀樹が引退!

永井秀樹選手は長崎県立国見高校を卒業後、国士舘大学を中退し現在の東京ヴェルディに入団しました。

当時のチームはベルディ川崎という名前でしたが豊富な運動量とキレの良いドリブルで活躍しJ1を盛り上げていました。

近年はJ2の東京ヴェルディですが、今季も15~18位くらいになりそうです。

永井秀樹選手は長いサッカー人生の中で大きな怪我もあり、悩んだこともあったと思います。

年を重ねると体力が落ちて運動量が少なくなりますし、技術も落ちてきますので45歳までプレーするというのはスゴイことです。

若くて能力の高い選手が毎年でてきますのでレギュラーとして試合に出場するのも大変です。

また、40歳を過ぎると疲れをとるのも大変で、いくらスポーツ選手で体を鍛えていたとしても体の衰えはあります。

残念ながら引退になりますが、長いあいだ本当にお疲れ様でした。

ヴェルディに入り何度か移籍はありましたが最後はヴェルディで引退。本人も納得のサッカー人生ではないでしょうか?

追伸:

永井秀樹選手は今季で引退しますが来季もなんらかの形で東京ヴェルディに関わっていくそうなので、プレーヤーではなく違った形で期待ができそうです。

好きなサッカーを仕事にしてい生きていけるというのは幸せなことですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

一番上に戻る